顕微鏡歯科治療(マイクロスコープ)

顕微鏡を導入し精度の高い治療を提供します

大切な歯を一生残すために

口の中は狭くて暗く肉眼でははっきりわかりません。今までは手探りとカンに頼って治療をしていたのが、顕微鏡を使うことで、口の中を明るく照らし、患部を大きく拡大し、見ながら的確に治療することができるようになりました。歯科治療でやり直しが多いのは術者が見えていない・気づいていないという理由が一因として考えられます。見えていない部分は治療することもできません(正確に治療できるのは見えている所だけです)。

虫歯治療

進行した虫歯は、削りとらなくてはなりません。 肉眼で見て除去するだけでなく、虫歯と健康な歯との細い境目、微妙な歯と歯の間を拡大して確実に見極めることができます。虫歯を確実に取り除き、そして、正確に隙間なく充填をすることが可能となります。

  • 隣の歯を削らないよう正確に虫歯を除去したところ

  • 段差や隙間なく正確に充填

根管治療

歯の中は非常に細く複雑で、まるで迷路の様です。
顕微鏡は細かな神経や血管が張り巡る歯の中や、根管を正確に映し出します。

つまり、確実に目で確認し、治療することが可能となりました。

  • 根管が1つのように見えますが・・・

  • もう一つの根管を確認し正確に処理しました

歯周病

歯周病になっている歯の根の表面には、顕微鏡で見るとプラークそして歯石がたくさんこびりついているのがわかります。
肉眼で手指の感覚で取り除くだけでは確実に取り残しがありますが顕微鏡を使用することで更に正確な治療を行うことができます。

  • 根についた大量の歯石

  • 正確に全て除去できました

診断

肉眼では判断がつかない初期の虫歯や歯の痛みの原因などを顕微鏡を使用することで早期の治療や診断が可能となります。

  • 何もないように見えますが

  • 間に初期の穴が空いた虫歯を発見しました