予防歯科

悪くなる前に予防することが、何よりも重要

「痛くなってから」ではなく「痛くなる前に」

多くの方が経験したことのある、削って詰める虫歯治療。これはあくまでも人工物で補っているだけで、元の健康な歯に戻っているわけではありません。
肉眼では問題なくとも、時間の経過によって隙間が出来たり、そこから虫歯が再発するリスクもあります。つまりその度に削って詰めて…を繰り返せば、当然ご自身の歯が減っていきます。
しかし、定期的なメインテナンスを受けに歯科医院へ通うことで、再治療だけでなくそもそも削る必要がない、痛いむし歯や歯周病を防ぐことができる口腔環境を手に入れられるのです。
できるだけ長くご自身の歯で美味しく楽しく食事をするためにも、痛くなる前に通院をし歯を「治す」ことから「守る」ことへ、考え方を変えていきましょう。

定期予防管理を徹底

初回の検査にて患者さまの口腔環境、むし歯や歯周病のリスク(かかりやすさ)とその原因などを正確に検査・診断した上で、一人ひとりに合わせて考察し、最終的な定期メインテナンスに至っていきます。
当院では、科学的根拠に基づいたオーダーメイドの予防プログラムを立案・実施するとともに、担当衛生士による長期的な管理・メインテナンスによって、患者さまの生涯に寄り添いながらサポートしています。

ご自身の歯でいつまでも健康に

歯は年をとれば失うもの、そう考えてはいませんか?

「歯を失う原因」は7割以上がむし歯と歯周病です。
したがって、老化などの年齢には関係ありません。つまりむし歯と歯周病の予防ができていれば、歯を失うことがほとんどなくなるということです。
現に国全体の歯科医療の方針として「予防歯科」の考えを採用しているスウェーデンは、歯科疾患が世界で一番少なく、むし歯や歯周病を予防することができているため、80歳を迎えても大半の方が若い時とほとんど変わらない本数の歯の維持ができています。
子どもの頃から生活習慣として歯の健診、歯の健康づくりが定着していることが大きく影響していると考えられており、近年、日本にもその習慣が徐々に浸透してきています。

より高い効果の予防を実践するために

「プロフェッショナルケア」と「セルフケア」、 2つのケアが効果的な予防に繋がる

予防歯科は定期的に歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」と、ご自身が毎日自宅で行う「セルフケア」の2つに分けられます。
どちらか片方のみのケアを行えば良いというわけではなく、歯科医院とご自宅でのケアの両方を行うことで、予防歯科の効果は大きく発揮されます。

歯科医院で行うプロフェッショナルケア

PMTC

プロにより専用の器具を使用して行われる歯のクリーニングで、磨き残しはもちろん、歯ブラシでは磨けないような歯と歯ぐきの小さな隙間まで、お口の中を徹底的にきれいにしていきます。
PMTCでは歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布など)を利用するため、歯に汚れがつきにくくなり、予防にも効果を発揮します。痛みのない、気持ちの良い施術で汚れが落ち、歯本来の白さも戻ります。まるでエステを受けているような感覚でむし歯や歯周病の予防ができる、一石二鳥の方法です。

    • 歯垢染め出し剤を使って汚れをチェックします

    1.歯垢染め出し剤を使って汚れをチェックします

    • フッ化物入りペーストを塗布していきます

    2.フッ化物入りペーストを塗布していきます

    • 歯間や歯面をきれいにクリーニングします

    3.歯間や歯面をきれいにクリーニングします

    • 歯の表面をツルツルに仕上げ磨きします

    4.歯の表面をツルツルに仕上げ磨きします

    • フッ素塗布を使って歯質を強化します

    5.フッ素塗布を使って歯質を強化します

    歯みがき指導

    セルフケアをご自宅で正しく、より効果的に行えるように、一人ひとりに合わせた歯みがきの仕方から歯ブラシの選び方などをご指導いたします。

    口腔検査・唾液検査

    歯や歯ぐきの状態、お口の中の細菌の数などを検査します。口腔内の状態を把握した上で一人ひとりに最善な予防プログラムをご提案いたします。

    スケーリング(歯石取り)

    歯周病などの原因となる歯石は、歯みがきだけでは絶対に除去できないため、専門の器具で徹底的に除去していきます。

ご自宅で行うセルフケア

正しい歯みがき

自分ではしっかりと磨けているつもりでも、実際は磨き残しが残ってしまうことが多いです。また、しっかり磨こうと力が入りすぎてしまい、歯や歯ぐきを傷めてしまっていることもあります。
毎日行うことだからこそ、歯科医院にて自分に合った歯ブラシや歯みがきの方法の指導を受け、正しいセルフケアに取り組みましょう。

  • Point

    毛先の開いた歯ブラシは歯にきちんと当たらず、汚れが十分に除去できません。
    歯ブラシの交換の目安は1ヶ月に1本です。常に磨きやすい状態で歯みがきを行いましょう

  • フッ素配合の歯みがき剤

    フッ素には歯質の強化やむし歯の発生・進行を防ぐ働きがあります。歯みがきをより効果的なものにするためにも、フッ素を含む歯みがき剤の使用をお勧めします。

  • 歯間ブラシ・フロス

    歯ブラシでは届きにくいような歯と歯の小さな隙間まできれいにするためにも、通常の歯みがきをした後に歯間ブラシやデンタルフロスを使用しましょう。

  • マウスウォッシュ・ジェル

    就寝中はだ液の分泌量が減るため、細菌が繁殖しやすいです。就寝前は歯みがきの仕上げにマウスウォッシュやフッ素ジェルを利用し、殺菌、歯質強化を行いましょう。